MENU

脂肪肝に悩むアナタにおすすめのサプリメントは「オルニチンサプリ」や「タウリンサプリ」

脂肪肝

 

肝臓は静かなる臓器で、私たちが意識していなくても常に働いています。
イメージ的にアルコール分解が有名ですが、お酒以外にも働いています。
食事などで摂取した糖や脂肪、タンパク質を分解して体で使える形に変換してから貯蔵しています。
貯蔵したものがエネルギーとして使われるのですが、エネルギー消費量が少ないと、それが脂肪になり、肝臓にどんどんと中性脂肪が溜まってしまいます。

 

その結果、今問題にあがっている”脂肪肝”の状態になってしまいます。
脂肪肝を放置していると、やがて肝硬変や肝がんなど深刻な病気に進行する恐れがあります。

 

脂肪肝を指摘されたら、今すぐにでも適切な改善策を実行しましょう。

 

サプリメントは現代人にとって強い味方。
今悩んでいる症状やトラブルに合わせて選ぶのがポイントになります。
脂肪肝については、『オルニチンサプリ』がイチオシです。

 

オルニチンはアミノ酸の一種で、肝機能の改善や肝臓の働きを助け、アンモニアの解毒を促す作用があります。
アンモニアの解毒が促進されることで肝臓の代謝が活発になり、肝臓に溜まってしまった中性脂肪も代謝されやすくなります。
そのため、オルニチンは脂肪肝の改善に良い成分として知られています。

 

食事から摂ることも可能ですが十分に補うことは難しいので、オルニチンサプリをおすすめしています。
サプリはオルニチンをギュギュっと凝縮しているので、十分な量を手軽に摂ることができます。
ちなみにオルニチンの摂取目安は1日400mg〜1,000mgです。
オルニチン研究会によると、成人男性を対象に行った試験において、オルニチン摂取を3週間続けて肝臓の数値が良くなったという結果が出ています。
さらに脂肪肝の進行抑制効果も確認されています。研究でも明らかになっている通り、オルニチンは脂肪肝に良い成分です。

 

オルニチンサプリ以外では、「タウリンサプリ」もおすすめです。
タウリンは肝細胞の再生を促して胆汁酸の分泌を活発にする働きがあります。
貝類に多く含まれているので、サプリも貝類からタウリンを抽出しているケースが多いです。
また、タウリンと一緒にクエン酸も摂れると効果的です。クエン酸は肝臓の代謝を促す働きがあります。

 

この他に「ビタミン・ミネラル配合」サプリもおすすめです。
オルニチンと共に、各種栄養成分が配合されているタイプもあります。
ビタミンやミネラルは基本の栄養素で、体内代謝に関わる酵素に携わっています。
バランスよく摂ることによって肝臓はもとより、体の元気をサポートします。
現在、食生活の変化や食生活が乱れていることで、ビタミンなども不足している人が増えています。
こちらもサプリメントの力を借りて補うようにすると、効率よく栄養を摂ることができます。

脂肪肝を改善したい方、肝臓を元気にしたい方におすすめのサプリランキング

 

一番おすすめの『オルニチン』を配合したサプリメントをランキング形式でご紹介します。

 

 

オルニパワーZnプラスの特徴

オルニパワーZnプラスには、1日の摂取目安に相当するオルチニンが配合されています。
肝臓に嬉しい、オルニチンたっぷりのシジミエキス、亜鉛やタウリンが豊富な牡蠣、抗酸化作用の高いアスタキサンチンを配合しています。
肝臓の働きを助けるオルニチンはたっぷり800rと業界トップクラス。
タウリンやアスタキサンチンには、脂肪肝を予防・改善する効果が期待できます。
飲みやすさを考えた、粒タイプのオルニチンサプリは1日4粒。
WEB限定の特別キャンペーンなら定期コース初回が500円!
送料無料です。

お値段 500円
評価 評価5
備考 当サイト限定!500円で購入いただけます!
 

脂肪肝

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、肝臓に良い成分がたくさん配合されています。
オルニチンを含むしじみエキスに、タウリンを含む牡蠣エキス。オルニチンとタウリンのダブルパワーが肝臓をサポート!
さらに、スクワレンやL−シスチン、ビタミンB2やビタミンEなど、総合的に肝臓に良い成分が使われています。
スクワレンは肝炎にも効果が期待できるので、脂肪肝に限らず肝臓病対策や肝臓の健康を全面的に助けてくれます。

お値段 980円
評価 評価4.5
備考 特別価格
 

脂肪肝

肝パワーEプラスの特徴

肝パワーEプラスは、肝臓にパワフルに働きかける原材料を使っているサプリです。
タウリンを中心に配合したタイプで、国産の牡蠣エキスが贅沢に使われています。
その他のにんにくや南高梅も国産。それぞれが肝臓を含めて健康に働きかけます。
しかもにんにくは1粒に100mgも配合されています。

お値段 980円
評価 評価4
備考 特別価格
 

脂肪肝

協和発酵のオルニチンの特徴

協和発酵のオルニチンは、脂肪肝に良いと言われるオルニチンを豊富に配合したサプリです。 オルニチンサプリの中で売り上げ日本一の実績があります。 なんと、たった1粒にしじみ300個分相当のオルニチンが配合されています。 凝縮されているので1日6粒でオルニチンを約800mgも摂ることができます。摂取目安と比べても理想量です。 小粒なので飲みやすく、コスパ的にも毎日続けやすいオルニチンサプリ。 今なら全国送料無料でお試しワンコイン!

お値段 500円
評価 評価4
備考 全国送料無料でお試しワンコイン!
 

脂肪肝

しじみにんにく極の特徴

しじみにんにく極は、2種類の原材料をベースに配合したサプリメントです。
オルニチンが豊富なしじみエキスに、アリシンなど有効成分を含むスタミナ食材のにんにくを使用。
1日2粒でオルニチンは5しじみ500個分相当を摂ることができます。
さらににんにくも使われているので、ダブルパワーで肝臓を元気に。

お値段 1,980円
評価 評価3.5
備考 特別価格
 

脂肪肝

レバーザイムの特徴

レバーザイムは、肝臓のみならずトータル的に健康をサポートするサプリです。
今話題のEPAやDHAまで入っています。
もちろん、肝臓に良い成分もたっぷり。オルニチンを含むしじみエキスにタウリンを含む牡蠣エキス、そこにレバーエキスや活性酵素、ウコンエキス、ビタミンまで配合されています。

お値段 980円
評価 評価3
備考 特別価格

 

オルニチンが脂肪肝に効く理由とは?

脂肪肝

体内ではタンパク質を作るためにアミノ酸が欠かせません。
そのアミノ酸の一種が、『オルニチン』です。
遊離アミノ酸という種類に分類され、細胞や血液中に蓄えられています。
基本的にタンパク質の構成に関わるアミノ酸とは違いがありますが、肝臓において重要なアミノ酸です。

 

オルニチンは肝臓の働きをサポートする作用を持っています。
血液中に溶け込んでさまざまな臓器を巡回し、肝臓に到達したときアンモニアの解毒の作業を手伝ってくれます。
肝臓の働きの一部を担ってくれるため、肝臓の働きが良くなり、肝臓の元気に貢献します。

 

私たちが意識していないだけで肝臓は常に働いている重要な臓器です。
代謝やエネルギーの貯蔵、胆汁酸の生成や有害物質の解毒など、アルコール分解以外にも仕事があり、その数は500以上と言われています。
肝臓は休みなく働いているので、普段から労わってあげることが大切です。
肝臓の調子が崩れると太りやすくなったり肌トラブルが起こりやすくなるなど美容にも影響するので女性も油断はできません。

 

オルニチンには肝機能を高める効果が期待できるので、肝臓の元気をサポートし、トータル的に肝臓の病気対策や肝機能の低下対策になります。

効果的なオルニチンサプリの飲み方

脂肪肝

肝臓はアンモニアやアルコールなどを解毒する働きがありますが、この解毒システムを「オルニチンサイクル」と言います。
つまり、この過程でオルニチンは大量に使われます。
もしもオルニチンが欠乏していると、見えない肝臓の中は大変なことに…。
アルコール分解が滞ったときには二日酔いを起こしやすくなりますし、脂肪肝などの病気の要因にもなります。

 

病気対策や二日酔い対策のためにも、オルニチンサプリがおすすめです。
オルニチンはしじみに含まれていますが、1日の摂取目安を考慮するとサプリを使った方が効率的です。

 

単にオルニチンサプリを飲むよりも、飲み方次第で効果にも違いがあると言います。
オルニチンを補給するタイミングとしては、空腹時がベストタイミングです。
お腹の中に何もない分、オルニチンを吸収しやすくなっています。
お酒を飲む場合は、飲む前にオルニチンを摂っておくと二日酔い対策になります。1日1粒でなければ、お酒を飲んだ後にもサプリを飲むと効果的です。

 

代謝を高めるためにオルニチンサプリを活用するときには、就寝前がおすすめです。
寝ている間に成長ホルモンが分泌されることから、寝る前に有効成分を摂っておくと効果的に体の代謝がサポートされます。

 

また、基本として各サプリの飲み方を守ってください。
サプリは医薬品と違って副作用や飲み方に決まりがないと言っても、過剰摂取はおすすめできません。オルニチン以外の配合成分を摂り過ぎてしまうこともありえます。必ず1日分の目安は守りましょう。

脂肪肝の改善・予防に効果的なサプリメントはコレ!最新記事一覧

脂肪肝
血液検査である程度の状態が分かりますが、具体的に調べるためにはCTスキャンや超音波検査などを行います。また、診断を確定するには「肝生検」という肝臓の組織片を採取して調べる検査もあります。健康診断を定期的に受けていて、もし数値が悪いときには専門の検査をおすすめします。無論、再検査の結果が出たときにはき...
脂肪肝
もともと体内に存在する成分であるため、安全性は高く副作用のリスクはほぼ考えにくいものです。そもそも、オルニチンとはアミノ酸の一種です。私たち人間は20種類のアミノ酸が必要で、その一つがオルニチンです。生きていくために欠かせないものですから、副作用が出るとは考えがたいです。オルニチンは血液に溶け込み全...
脂肪肝
しじみに多く含まれているのですが、十分に摂るには食事だけでは現実的に難しいため、サプリメントを利用する方が増えています。オルニチンは肝臓に到達すると、肝臓の仕事であるアンモニアの解毒作用を行ってくれるため、結果的に肝臓の負担を軽減することができます。このような特徴から、一般的なオルニチンサプリは「肝...
脂肪肝
摂取したオルニチンは体の中をめぐって、肝臓にたどり着くと、アンモニアなどの解毒作用を行ってくれるため肝臓の負担を減らしてくれます。したがって、肝臓の健康に良いことが知られていますが、他にもさまざまな効果が着たいできます。オルニチンが関わっているのは、「成長ホルモン」です。成長ホルモンは、いわゆる成長...
脂肪肝
脂肪肝においては対策につながります。タウリンの場合、肝機能を高める作用が注目を集めています。オルニチンはアンモニアなどの解毒作用によって肝臓の負担を減らす働きがありましたが、タウリンは胆汁酸の分泌を活発にしたり、幹細胞の再生を促す働きがあります。アルコールの解毒や分解にも働きかけることで、肝臓の負担...