MENU

脂肪肝とお酒(アルコール)の関係

脂肪肝

ある程度は必要で、肝臓内に溜めておくのですが、増え過ぎると脂肪肝になってしまいます。
肝臓内の中性脂肪の割合が30%以上の場合を脂肪肝としています。

 

脂肪肝にはアルコール性と非アルコール性などの分類がありますが、現在、アルコール性脂肪肝の割合が高いとされています。
読んでのごとく、アルコールが関わっている脂肪肝です。

 

お酒を飲んで摂取したアルコールは肝臓で分解されます。
このとき、アルコール脱水素酵素(ADH)がアセトアルデヒドによって酸化され、次いでアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)に無害化されたのちに酢酸として体外に排出されます。
アルコールが分解された脂肪酸によっても中性脂肪が作られるので、脂っこい食事をとっていなくても飲酒量が多い人は中性脂肪が溜まってしまいます。

 

脂肪肝とお酒(アルコール)の関係

お酒に強い人でも日本酒3合ほどを毎日飲み続けていたら脂肪肝のリスクが高くなります。
弱い人なら、1合以下でも同じく脂肪肝のリスクは高くなります。

 

強い弱い関係なく、飲酒の習慣化が懸念されています。
まだ肝臓が元気でお酒が好きな方は断酒する必要はありませんが、お酒の飲み方について見なおしてみましょう。
肝臓はアルコール分解以外にも仕事があるので毎日働いている臓器です。そこに余計な負担をかけないためにも、週に2日以上は休肝日を作って、適量のお酒を嗜むようにしてください。
また、お酒を飲むときのつまみのカロリーや脂質にもご注意ください。