MENU

脂肪肝とアミノ酸の関係

脂肪肝

体の中ではタンパク質の構成などに関わっていてとても重要な役目があります。
20種類のうち9種類は体内で生成することができないため、食事などから取り入れる必要があります。いわゆる、必須アミノ酸です。

 

必須アミノ酸も含めて、脂肪肝にも良い栄養素です。
肝臓は糖や脂肪、タンパク質をエネルギーに変えやすい状態にして蓄積する働きがあったり、有害物質を無害化したり、胆汁酸を生産するなどの働きがあります。
これらの機能を正常に維持するには肝臓の健康維持が必須になるわけですが、万一、傷ついたときはタンパク質が必要になります。
つまり、アミノ酸が足りなければタンパク質が作られないので肝臓が傷ついてしまうと、そのままになってしまいます。
タンパク質を合成するために必要なアミノ酸を常日頃からバランスよく摂るようにしましょう。

 

また、脂肪肝と密接な関係にあるのが、オルニチンというアミノ酸です。
脂肪肝や肝臓に良い代表格の成分のオルニチンは遊離アミノ酸に分離されます。
オルニチンには肝臓のアンモニアの解毒作用を助ける作用があります。この解毒の仕事をオルニチンがしてくれることによって、肝臓の負担を減らすことができます。
このような仕組みから、オルニチンは肝臓の健康維持や中性脂肪の代謝に良いと言われています。

 

他にも、スレオニンというアミノ酸は肝臓への中性脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。
逆に、トリプトファンというアミノ酸は脂肪肝と相性が悪いので、健康な方が摂るには良いアミノ酸ですが脂肪肝の場合には摂取量に注意が必要です。