MENU

脂肪肝とタウリンの関係

脂肪肝とタウリンの関係

脂肪肝においては対策につながります。

 

タウリンの場合、肝機能を高める作用が注目を集めています。
オルニチンはアンモニアなどの解毒作用によって肝臓の負担を減らす働きがありましたが、タウリンは胆汁酸の分泌を活発にしたり、幹細胞の再生を促す働きがあります。
アルコールの解毒や分解にも働きかけることで、肝臓の負担を軽減することができます。

 

とくによくお酒を飲む人の肝臓はアルコールの分解で疲れ切っていたり、すでに肝機能が低下してアルコールが上手く分解されていない状況にあることもあります。
そんなときにタウリンを摂ると、酵素の働きが助けられるため、アルコールを分解して二日酔い対策になったり、継続して摂取すると肝臓の負担を軽くすることができます。

 

また、タウリンは一般的な栄養ドリンクに使われている通り、オールマイティーな働きを持っています。
体の細胞を正常に戻し定時する、いわゆるホメオスタシスという働きがあります。

 

万一、脂肪肝になってしまった場合でも初期段階えあれば、生活習慣の改善に加えてタウリンを積極的に摂ると、中性脂肪の排出を促してくれるため、オルニチンと同様に脂肪肝の改善も期待できます。

 

そして、現在増加傾向にある「高血圧」に関してもタウリンは効果が期待できます。
血圧が上昇するのは腎臓が関わっていて、交感神経が腎臓の働きを抑制したときに血圧は上昇する仕組みになっています。
腎臓では、体内の水分や塩分を取り除いて血液量のコントロール作業が行われているので、血圧の上昇を押せるために重要な臓器です。その働きを司る交感神経に対してタウリンが働きかけるので、とくに塩分の過剰摂取からくる高血圧対策に効果が期待できます。