MENU

脂肪肝と中性脂肪の関係

脂肪肝

必要以上と言うのも、中性脂肪は生命活動にとってある程度は必要だからです。
食事から摂った脂質は小腸で吸収されてから血液内に入り、体をめぐって活動に使われます。
ですが、活動量が少なければ余計な脂質が中性脂肪として体内に溜まります。

 

小腸で吸収された際に脂肪酸に分解されますが、これが肝臓にも運ばれます。
ある程度の中性脂肪は、体がエネルギー不足になったときのために必要です。つまり、万一の備えです。
ただ、エネルギー消費量も少ないと、どんどん中性脂肪が溜まっていきます。
また、アルコールなどの影響で肝機能が低下していると、本来よりも中性脂肪が溜まりやすくなり、肝臓は四苦八苦してしまいます。

 

ちなみに脂肪肝はアルコール性と非アルコール性に分けられますが、現在ではアルコール性脂肪肝が多いと言われています。もちろん、非アルコール性が少ないというわけでもありません。

 

タイプ関係なく、中性脂肪が溜まっている状態なので、効率よく中性脂肪が燃焼できると肝臓は元気を取り戻せて、脂肪肝も治せます。
食生活ではお酒を控えたり、脂っこい食事を控えて脂肪肝に良い栄養を摂ることが必要ですが、それに加えて適度な運動をしてエネルギーを消費していくことによって中性脂肪も代謝されます。