MENU

脂肪肝の原因

脂肪肝

肝細胞の30%以上が脂肪になっている場合が、脂肪肝です。

 

通常、食事から摂取した栄養素の中でも、脂肪は小腸で分化されて脂肪酸として肝臓に運ばれます。
その後、カンゾウは必要なエネルギーを貯蔵するために中性脂肪を肝細胞の中に溜めてくれます。
これがエネルギーとして消費されたり、適量が溜まっている分には生命活動の維持に問題はなく、むしろ良い状態と言えます。
しかし、その脂肪量が増えたら厄介なことになります。同時に中性脂肪が溜まりやすくなるので、悪循環になってしまいます。

 

脂質を摂り過ぎたりアルコールの過剰摂取が余計な中性脂肪を作り出します。
つまり、過剰な脂質およびアルコールが脂肪肝の主な原因です。
食生活の乱れや飲酒の習慣がある人は、とくに脂肪肝のリスクが高くなります。同時に、糖尿病など他の病気の起因にもなります。

 

また、アルコールは体にとって有害であるため肝臓はそれを解毒・分解する役目があります。
アルコールに大量に摂るほどに肝臓は疲労も蓄積し、病気を発症しやすくなってしまいます。

 

現在、食生活が乱れている人が増えているので、脂肪肝の患者数は増えているようです。
もし脂肪肝になったとしても、初期段階で気付き、改善策を実行することで深刻化を防げます。
しかし自覚できずに放置してしまうと、第二ステージ、第三ステージと進行していきます。
まずは脂肪性肝炎を起こして、そこから肝硬変や肝がんを発症します。

 

主な原因が食生活にあることから、生活を改めて、同時に脂肪肝や肝臓に良い成分を積極的に摂ることがすすめられます。