MENU

脂肪肝の診断や治療法

脂肪肝

血液検査である程度の状態が分かりますが、具体的に調べるためにはCTスキャンや超音波検査などを行います。
また、診断を確定するには「肝生検」という肝臓の組織片を採取して調べる検査もあります。

 

健康診断を定期的に受けていて、もし数値が悪いときには専門の検査をおすすめします。
無論、再検査の結果が出たときにはきちんと検査を受けましょう。

 

脂肪肝が早期発見できた場合は、まだ初期段階なので特別な治療はありません。
医師から生活習慣の見直しを指導されます。
食事ではバランスよく栄養を摂り脂質を控えめにすることや、基本的には禁酒をすすめられます。
また、運動療法として中性脂肪を燃焼させる適度な運動が必要になります。
代謝を促すためにビタミンが必須になるので、食生活ではビタミンも摂るようにしましょう。

 

しかし、初期段階で発見できるとも限りません。
肝臓は沈黙の臓器とも言われていて、自覚症状が出ないまま進行してしまうケースもあります。
中期や末期の場合は禁酒や食事制限はもちろんですが、症状や状態に合わせて治療していきます。

 

脂肪肝になると、次第に脂肪性肝炎や肝硬変、肝がんを発症します。それらの病気を発症している場合に必要な治療を行います。
胃一般的に抗生物質による薬物療法や放射線治療を行います。

 

未然に防ぐまたは早急に改善することがとても重要ですので、定期検診を受けるようにしましょう。