MENU

脂肪肝対策の生活習慣

脂肪肝

ということは裏を返すと、脂肪肝になる前に防げるかは生活習慣次第です。
基本の生活習慣である「食生活」と「運動」を今一度見直してみてください。

 

食生活の見直し

脂肪肝対策の生活習慣

飲酒の習慣がある人は、アルコール性の脂肪肝のリスクが高くなるので、お酒の嗜み方を見直しましょう。
お酒の飲み過ぎや休肝日がなく毎日飲むようなお酒の飲み方は体によくありません。
すでに脂肪肝と診断されたらお酒を断ちましょう。
お酒を飲まない人でも脂肪の摂り過ぎが同じように脂肪肝の原因になります。
脂っこい食事、油っぽい肉料理を頻繁に食べると脂肪が溜まってしまうので、バランスのいい食事を心掛けてください。
お肉を控える必要はありませんが、適度な量にして、野菜も十分に摂りましょう。
また、脂肪酸でも不飽和脂肪酸、オメガ3系脂肪酸は体に良い脂肪酸です。
DHAやEPAなどがオメガ3系脂肪酸で、青魚に多く含まれています。
青魚はタウリンを含んでいるものも多いので、理想的なメイン料理です。血液サラサラ成分も摂れるので健康増進になります。

適度な運動

脂肪肝対策の生活習慣

脂肪肝は肝臓内に余計な脂肪が溜まっている状態ですので、脂肪を取り除く必要があります。そのためには、運動して脂肪を燃焼させないとなりません。
本来、適度な運動を行っているとエネルギー消費量も多いので、中性脂肪が燃焼できて脂肪肝のリスクも低いはずです。
現在、運動不足の人が多いので、適度な運動の心掛けも必須です。
食生活の改善と共に、適度な運動も取り入れて効率よく中性脂肪を減らしていきましょう。